ブログ| 世田谷区桜の 歯科・歯医者なら、 桜3丁目デンタルオフィス

 
9:30~13:30
15:00~19:00

★土曜日午後15:00~18:00
矯正専門日:日曜日(月1回)

tel.03-6413-1806

〒156-0053
東京都世田谷区桜3丁目2-17DS桜ビル3F C-1

予約制各種保険取扱
  • 電話
  • メニュー

歯周病について

2018年6月13日

こんにちは(^^)桜3丁目デンタルオフィスです🌸

 

今日は歯周病についてお話したいと思います☺

 

歯周病(歯槽膿漏)ってどんな病気?

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

歯と歯肉の境目の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し、歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします。

また、怖いことに痛みはほとんどの場合ありませんので、気づかないうちに歯周病が進行しているというケースが多いのです…

 

 

そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

みなさん御存じの通り、抜けてしまった天然の歯はもう元には戻りません。

そうならないためにも、歯肉炎・初期の歯周病であるときに早く発見したいものです!
しかし、あまり症状がない時に自分で発見するのは難しいため、専門の歯科医院で定期的に検診することが重要ということですね(>_<)!

 

思いあたる症状をチェックしましょう!

♦朝起きたとき、口の中がネバネバする。

♦ブラッシング時に出血する。

♦口臭が気になる。

♦歯肉がむずがゆい、痛い。

♦歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっています)

♦かたい物が噛みにくい。

♦歯が長くなったような気がする。  などなど…

 

1つでも当てはまった方は、健康の保持のため歯科衛生士による専門的なクリーニングなどの

メインテナンスを定期的に受けることをおすすめします!

ぜひ一度検診にいらしてくださいね(^^)!