ブログ| 世田谷区桜の 歯科・歯医者なら、 桜3丁目デンタルオフィス

 
9:30~13:30
15:00~19:00

★土曜日午後15:00~18:00
矯正専門日:日曜日(月1回)

tel.03-6413-1806

〒156-0053
東京都世田谷区桜3丁目2-17DS桜ビル3F C-1

予約制各種保険取扱
  • 電話
  • メニュー

ユニット(診療台)の掃除の仕方

2018年12月6日

こんにちは(^^)桜3丁目デンタルオフィスです🌸

 

今回はユニット(診療台)の掃除の仕方についてご紹介します。

当院では患者様の診療が終わる毎にユニット(診療台)を殺菌水で拭いています。

★殺菌水★

特長その1:菌やウィルスに素早く作用し、分解後は水になるので安全
特長その2:器具類への漂白性の心配も殆どありません
特長その3:弱酸性なので小さなお子様の手に付いても安心

 

当院では、この「フィリオ30」という殺菌水を使っています。

アルコールでは除菌できない菌やウィルスを除菌してくれ、さらに菌やウィルスを分解後、

水になっていくので安全なのです!!

さらに、ユニット(診療台)の拭き方には順番があり、最初に、患者様が座っておられた部分→テーブルを動かす時に手で掴む部分→器具などを乗せるテーブル…という流れで 清潔区域から不潔区域へと移っていくよう決められています。

 

患者様に安心で安全な治療を受けて頂く為に、 拭き方にも徹底して 感染予防に努めた片付けをしています(*^^*)

 

大切なメインメンテナンス!

2018年12月5日

こんにちは(^^)桜3丁目デンタルオフィスです🌸

 

皆さん、「補綴(ほてつ)」って言葉、聞いたことありますか?

失われた歯の代わりに、人工物を使って歯の働きを補う治療の事をいいます。

皆さんのお口の中に「補綴物」はありますか?

お口の中に被せ物、インプラント、入れ歯といった「補綴治療」があるかたに

メンテナンスを本当におすすめします(>_<)!

 

 

~定期的なメインメンテナンスはなぜ必要??~

 

補綴治療後のお口の中は、時間とともに変化していきます。

「毎日歯磨きしていても補綴治療が必要になっってしまった」という歯に

これまでと同じようなセルフケアを続けていると、今度は土台の歯にむし歯が入り込んだり、

歯周病が再発したりする可能性が高いです!

また、時間がたつにつれて天然歯が動くので、噛み合わせが変わります。

嚙む力のかかり方がアンバランスになり、補綴物を被せた歯に負担がかかり過ぎると、

土台の歯が割れてしまうことも!(>_<)

噛み合わせの調整とクリーニングが、治療を長持ちさせる秘訣です!!

補綴治療が終わって、よく噛めるお口が戻ってきたら、いい状態ができるだけ長持ちするように

メンテナンスを始めましょう!

 

長年歯医者さんに行ってない方、ぜひ一度いらしてくださいね(*^^*)

顎関節症

2018年12月4日

こんにちは(^^)桜3丁目デンタルオフィスです🌸

 

今回は顎関節症についてお話したいと思います。

 

まず、顎関節症はどのような症状なのか(゜-゜)? 皆様はご存知でしょうか?

 

顎関節症の代表的な症状は、以下の3つです。

 

あごが痛む(顎関節痛・咀嚼筋痛)

口が開かない(開口障害)

あごを動かすと音がする(顎関節雑音)

 

そのため、硬い食べ物が噛めない、大きな食べ物が食べにくい、

また、あごの音が煩わしいなどの症状が現れることがあります。

 

主な治療法は4つあり、

 

生活指導・・・

日常生活の行動や癖を、ご自身で気をつけていただくこと。

「顎関節や咀嚼筋への負担を減らすため、硬い食品や長時間の咀嚼は避ける、

頬杖をやめることや猫背などの姿勢をよくする、

また、仕事中や休息時に上下の歯が接触していることに気付いたら歯を離すようにする、

そして、特に強い心理的な緊張を感じる環境があれば、それを改善し避ける」などです。

 

理学療法・・・

理学療法には医療者が行う物理療法と患者様自身が行う運動療法があります。

物理療法は、手指による筋肉のマッサージ、ホットパックなどによる温罨法、

低周波治療による筋肉への電気刺激、鎮痛を目的としたレーザー照射などがあります。

運動療法には、筋肉や靭帯などの柔軟性や伸張性を改善するストレッチや、

関節へ直接アプローチして顎関節の動きを良くして開口量を増加させる下顎可動化訓練、

また、疲れやすい筋肉を鍛えて耐久性を向上させる筋力増強訓練などがあります。

いずれにしても、医療者の指導のもと行う療法です。

 

薬物療法・・・

顎関節や咀嚼筋の痛みに対して、消炎鎮痛薬を処方します。

薬を服用しても改善しない場合は、他の原因や治療法を考える必要があるため、

専門医のいる医療機関でご相談する必要もあります。

 

アプライアンス療法・・・

いわゆるマウスピースやスプリントと呼ばれるものによる治療です。

睡眠時の歯ぎしりやくいしばり(睡眠時ブラキシズム)時の咀嚼筋の緊張の緩和や、

顎関節部への負荷の軽減を目的としています。

 

 

顎に違和感を感じたら、まずは歯医者さんにご相談ください(^^)

☆🎄Christmas Sale🎄☆

2018年12月1日

こんにちは(^^)桜3丁目デンタルオフィスです🌸

 

今年も残り1ヶ月を切りましたね!(>_<)

12月は本当にあっという間に過ぎますので皆さん1日1日を大切に過ごしてくださいね(*^^*)

そして…12月といえばクリスマス✨ということで院内もクリスマス仕様になっています!

先生が大きなクリスマスツリーも買ってきてくれました(^^♪

ツリーを出すとすごくクリスマスって感じがしますよね!

 

そして。。。なんと。。。

\お得なクリスマスセール🎄が始まりました!!/

\\\\当院で販売している全商品20%OFF////

 

 

気になるものがございましたら是非この機会にお買い求めくださいね(*’▽’)♪

 

無料矯正相談

2018年11月30日

こんにちは。桜3丁目デンタルオフィスです🌸

 

11月18日(日)に矯正認定医による、無料矯正相談を実施致しました。

 

桜3丁目デンタルオフィスでの初めての矯正診療日になったのですが、

数多くの患者様にご来院していただき大変嬉しく思っております(*^^*)

 

ご自身の歯並びに不安のある方やお子様の噛み合わせが気になる方、

部分的に歯並びを整えたい方などご相談内容は様々でした。

 

年齢も2歳のお子様から3~40代の方まで幅広い方がお越しくださいました。

 

お一人お一人の不安や疑問に、矯正担当の吉居が丁寧にお答えできたのではないかなと思っております。

矯正治療に関するご質問やご要望は矯正日以外でも承っておりますので気になることや、

矯正医に診てもらいたい!などございましたらお気軽にお申し付けください。

 

次回矯正日は12月23日(日)になります。

歯並び・噛み合わせのことで少しでも気になることがございましたらこの機会にぜひご予約ください♪

 

 

むし歯になりやすい時期??

2018年11月29日

こんにちは(^^)桜3丁目デンタルオフィスです🌸

 

みなさんは一生のうちに何回か虫歯になりやすい時期があるのをご存知ですか??

 

2~3歳の乳歯の時期です。

どうせ乳歯は抜けるし大丈夫なんじゃない?、、、と思われる方もいらっしゃると思いますが

後から生えてくる永久歯にも影響してしまうので要注意です!!(>_<)

 

6歳前後の生え変わりの時期です。

特に6歳臼歯と呼ばれる奥の大きい大人の歯!!!

とっても大事な歯のに虫歯になりやすいので気をつけてください(´;ω;`)

 

さらに中高生の間はまだ歯の質が弱く、受験勉強や部活動で歯磨きがおろそかになりがち、、、

最後に中高年になると歯周病で歯茎が下がったり唾液が少なくなったり、、、

 

 

正しい歯ブラシの当て方を身に付けるともっと楽になります!!!

 

今、ご自身やお子様は虫歯になりやすい時期に当てはまっていませんか?

気になった方は、是非一度むし歯チェックでご来院ください♪

むし歯治療。。。

2018年11月28日

こんにちは(*^^*)桜3丁目デンタルオフィスの受付Tです🌸

 

先日、お恥ずかしながら歯が痛くなってしまい、先生に治療して頂きました!

 

実際に治療を受けてみて、一番びっくりしたのが“麻酔が痛くなかった”ことです!!(*_*)

当院では、麻酔が痛くないように、電動麻酔器というものを使っています。

世田谷区桜・桜3丁目デンタルオフィス

麻酔の痛みの原因は、冷たい麻酔液や余計な圧力です。

電動麻酔器を用いることで、体温と同程度に温めた麻酔液を一定の速度で注入し、痛みを最小限に抑えています。

知ってはいたのですが、こんなにも痛みが少ないものだとは思わずびっくりしました!笑

更に麻酔をする前に、表面麻酔を歯茎に塗って感覚をにぶらせてから麻酔するのでかなり痛みが軽減されると思います。

 

小さな虫歯があったのですが、少し削ってプラスチックを埋める治療をしてもらいました!

~治療前~

赤い丸で囲んでいるのが小さな虫歯です。

~治療途中~

~治療後~

治療後はかなりきれいになりました!(*’▽’)

 

皆さんも虫歯が出来ないように、定期的に歯医者さんに行ってくださいね!(>_<)

 

ホワイトニングの基本知識☆③

2018年11月10日

こんにちは(^^)桜3丁目デンタルオフィスです🌸

 

前回お話した、自己流ホワイトニングの怖さわかりましたか?(>_<)

ホワイトニングをしたいという方はまず歯科医院にご相談してくださいね♪

さて、今回も前回に引き続いて「ホワイトニングの基本知識☆③」についてお話します。

~ホワイトニングのタイミングについて~

当院では、まずはじめにご希望の白さやライフスタイル、スケジュールに応じたホワイトニング法を

ご提案し、費用や安全で適切なホワイトニングのための前処置などについてご説明します。

例えば結婚式や大切な予定があと一週間後にあるという方には、歯科医院でする「オフィスホワイトニング」を

おすすめします。時間に余裕がある方には、お家でできる「ホームホワイトニング」を、

時間がないけれど、歯をできるだけ真っ白にしたい!という方には「デュアルホワイトニング」おすすめします!

デュアルホワイトニング」とは、「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」を併用することです。

効果が早く出て、より白くしたい方にお勧めです。

どちらも歯は白くなりますが、

オフィスホワイトニングだと一日で白くなる分、後戻りがしやすいです。

それに比べて「ホームホワイトニング」はゆっくり時間をかけてするので後戻りがしにくいと

言われています。

 

ホワイトニングは、前処置が必要な場合すぐにははじめれず、開始してからも効果が得られるまでには

一定の時間がかかります。

結婚式などのご予定があるときは、お早めに相談をしてくださいね(*^^*)☆

 

ホワイトニングの基本知識☆②

2018年11月7日

こんにちは(^^)桜3丁目デンタルオフィスです🌸

今回は前回に引き続いて「ホワイトニングの基本知識☆②」についてお話します。

 

最近では、歯医者さんに行かないでもホワイトニングの薬剤が販売されていますが、

自己流のホワイトニングには注意が必要なのです!

 

たとえば、虫歯があるのにそれに気づかず薬剤を使ったら、ひどい痛みや歯髄炎などの

トラブルを引き起こしかねません(>_<)

歯科医院では、問診・診察、レントゲン撮影、を行ってから、ホワイトニングの説明をします。

~問診・診察とレントゲン撮影などの検査はなぜ必要なのでしょうか?~

 

理由①歯茎が腫れていると薬剤が効かない!

歯磨き指導や歯石除去、クリーニングを受けていただき、歯周病を治してから開始します。

歯周病で歯茎が腫れていると、エナメル質のなかの着色物質に作用すべき薬剤が、エナメル質に

届く前に、歯茎からでる血液などに反応してしまい、歯に作用しません(>_<)

 

理由②虫歯やおおきなヒビは痛みのもと!

薬剤で痛みや歯髄炎を起こさないよう、前処置をするなど、対策をしてから開始します。

 

理由③詰め物や被せ物は白くならない!

歯が白くなると詰め物や被せ物の色が目立ってしまうので、あらたに

詰め治しや被せ直しが必要か検討します!

 

次回は「ホワイトニングの基本知識☆③」についてお話しますね(*^^*)

 

ホワイトニングの基本知識☆①

2018年11月6日

こんにちは(^^)桜3丁目デンタルオフィスです🌸

今回はホワイトニングの基本的な知識①についてお話したいと思います!

 

ホワイトニングって一度してみたいけど「しみるっていうし、歯に悪いんじゃない?」

と思われている方いませんか??

ホワイトニングの薬剤には、虫歯菌や歯周病菌を減らす殺菌作用があるうえ、ホワイトニング直後の歯を

適切にケアすると、むしろむし歯に強い丈夫な歯にすることができるんです!

ホワイトニング剤は殺菌剤のオキシドールの仲間です。しつこいバイオフィルムまでは

破壊できませんが、唾液の中を浮遊する虫歯菌や歯周病菌ならやっつけることができます!

~歯質強化~

ホワイトニングをすると、歯を覆っている透明な膜「ペリクル」がはがれるのですが

この膜がなくなることで、唾液のカルシウムなどの成分が邪魔されずに歯に戻り、歯質が硬く

丈夫になっていることがさまざまな研究によって明らかになっているそうです!

 

 

歯が白くなること以外にもいいことがたくさんあります(*’▽’)

次回は「ホワイトニングの基本知識②」についてお話しますね☆

 

1 2 3 4 5 6 8