ブログ| 世田谷区桜の 歯科・歯医者なら、 桜3丁目デンタルオフィス


 
9:30~13:30
15:00~19:00

★土曜日午後15:00~18:00
矯正専門日:第二日曜日

tel.03-6413-1806

〒156-0053
東京都世田谷区桜3丁目2-17DS桜ビル3F C-1

予約制各種保険取扱
  • 電話
  • メニュー

仮歯の役割

2019年10月25日

こんにちは。桜3丁目デンタルオフィスです🌸

 

今回は治療途中に使う『仮歯』の役割についてお話します(^_^)

 

仮歯は歯根の治療や被せ物が出来上がるまでの間など、治療途中の歯に被せる人工の歯です。

 

その役割はただ見た目のためだけに使われているのではありません!

 

歯を1本失っただけでも、噛む力は減ってしまうので、噛む力を失わないように仮歯を入れます。

 

また、治療中の歯に口腔内の細菌がつくのを防いだり

 

むし歯で失ってしまった歯質の部分に歯が動いてしまったり、歯肉が覆い被さることを防ぐ役割を担っています。

 

 

 

仮歯は治療中につけたり外したり、調整したりします。

 

治療の度に歯を傷つけずに外せるようにあえて弱い接着剤で付けています。

 

また、削ったり盛り足したりの調整をしやすように材質はきめの粗いプラスチック製です。

 

そのため、仮歯が取れてしまったり、壊れてしまうことがあります。

 

治療中にはご不便をおかけしますが、仮歯と上手に付き合っていただきたいのです。

 

・仮歯で強く噛まないでください。

 

・ガムやキャラメルなどのくっつくものを食べるのは控えてください。

 

・もし仮歯が取れてしまったら早めにご連絡ください。仮歯は捨てずに、次回お持ちください。

 

・仮歯は本番の歯ほどピッタリフィットしていません。汚れが付きやすいのでていねいに磨いてください。

ただし、フロスや爪楊枝は引っかかって外れてしまう恐れがあるので、使用しないでください。

 

より良い治療のためにぜひご協力をお願いします☆