コラム| 世田谷区桜の 歯科・歯医者なら、 桜3丁目デンタルオフィス


 
9:30~13:30
15:00~19:00

★土曜日午後15:00~18:00
矯正専門日:第二日曜日

tel.03-6413-1806

〒156-0053
東京都世田谷区桜3丁目2-17DS桜ビル3F C-1

予約制各種保険取扱
  • 電話
  • メニュー

子どもの歯がむし歯になりやすい理由

皆さんこんにちは。

桜3丁目デンタルオフィスです。

 

子どもの歯がむし歯になりやすい」というのは有名な話ですよね。

 

ただ、どういった理由でむし歯になりやすいのかは、あまり詳しく知らない方が多いかもしれませんね。

 

そこで今回は、乳歯がむし歯になりやすい理由をわかりやすく解説します。

 

乳歯はやわらかい?

乳歯と永久歯を比べると、歯質の成熟度に違いがあります。

 

その他の組織もそうですが、「乳歯は永久歯よりも未成熟」な傾向にあるのです。

 

わかりやすく表現すると、乳歯の方がやわらかいです。

 

もちろん、指で触れて形が変わるようなやわらかさではなく、「酸によって溶けやすい」という意味でのやわらかさです。

 

むし歯のリスクにおいては、とても重要なポイントですよね。

 

乳歯は歯質が薄い

乳歯は永久歯よりも歯質が薄い、という特徴もしっかり把握しておかなければなりません。

 

具体的には、エナメル質も象牙質も「永久歯の厚みの半分」しかありません。

 

ですから、むし歯になって重症化する速度も極めて速いです。

 

気付いたら子どものむし歯が重症化していた、というケースが多いのはそのためです。

 

永久歯のむし歯と同じように考えていたら、あっという間に「歯の神経が侵され」、歯冠がボロボロになるので注意しましょう。

 

食習慣の偏り・不十分な口腔ケア

その他、食習慣の偏りや不十分な口腔ケアも乳歯のむし歯を助長する原因にもなります。

 

これらは親御さまだけではなかなか管理するのが難しいことかと思いますので、当院の小児歯科までご相談いただけたら幸いです。

 

桜3丁目デンタルオフィスであれば、「生活習慣の改善からブラッシング指導」に至るまで、トータルでサポートすることができます。

 

まとめ

このように、乳歯は永久歯よりもむし歯のリスクが高くなっています。

 

それはすべてのお子さまに共通していることですので、その点を踏まえた上でむし歯予防に取り組む必要があります。

 

むし歯は予防に勝る治療はありません。

 

お子さまの将来のためにも、できる限りむし歯予防を実現してあげましょう。