ブログ| 世田谷区桜の 歯科・歯医者なら、 桜3丁目デンタルオフィス

 
9:30~13:30
15:00~19:00

★土曜日午後15:00~18:00
矯正専門日:日曜日(月1回)

tel.03-6413-1806

〒156-0053
東京都世田谷区桜3丁目2-17DS桜ビル3F C-1

予約制各種保険取扱
  • 電話
  • メニュー

被せ物について

2018年12月20日

こんにちは(^^)桜3丁目デンタルオフィスです🌸

 

今回は、被せ物についてお話したいと思います!(*’▽’)

 

虫歯になった歯の治療では、原則的に歯質を削らなければいけません。

虫歯菌が感染した歯質は、自然治癒することがなく、放っておくとどんどんと溶かされていってしまうからです。

削った分だけ歯質を失うことになりますが、これは仕方のないことといえます(>_<)

失った歯質は、詰め物や被せ物によって補いますので、歯の機能まで失うことはありませんが、

使用する材料によっては、審美性が低下してしまいます。。。

被せ物・詰め物には保険診療のもの、自費診療のものとあります。

 

 

①保険診療の詰め物・被せ物

虫歯治療おける詰め物や被せ物というのは、保険診療でも実施することができます。

詰め物は比較的小さな虫歯に対して行われる治療で、被せ物はかなり重症度の高い虫歯に対して行われる治療です。

専門的には詰め物がインレー、被せ物がクラウンと呼ばれています。

ここで注意しなければならないのが、保険診療で使用できる材料です。

例えば、審美性と直結するような前歯の治療では、保険診療でも白い被せ物を作ることができます。

ただ、使用できるのはレジンと呼ばれる硬いプラスチックの素材です。

このレジンという素材は、とても安価で形も整えやすいため、取り扱いが容易なプラスチックなのですが、

比較的変色や摩耗などの変化が起こりやすい性質があります。

 

②自費診療の詰め物・被せ物

★ 歯の色の再現性が高い

自費診療であれば、色々な材料を使って詰め物や被せ物を作ることができます。

代表的な材料としては、セラミックやジルコニアが挙げられます。

これらの材料は、歯質の色と非常に近い白色を再現できるため、一見すると詰め物や被せ物を装着しているようには見えません。

保険診療のレジンは、使用できる素材が限られていますので、セラミックやジルコニアには劣ります。。。

★硬くて摩耗しにくい

セラミックというのは、陶器などに使用されている陶材と同じですので、非常に硬いです。

また、レジンのように経年的に摩耗することが少なく、傷もつきにくいのも特徴です!

レジンの場合は、硬いながらも結局はプラスチックですので、毎日使い続けることによって、

摩耗したり傷が付いたりします。

ちなみに、ジルコニアやアルミナというのは、ニューセラミックスと呼ばれる新しい歯科材料で、

従来のセラミックよりも強度や審美性がさらに高まっています。

★着色や変色が起こりにくい

 

詰め物や被せ物の審美性を低下させる要因として、着色という要因があります。

本物の歯においても、変色を気にされている方は多いかと思います。

コーヒーや赤ワインなど、着色性の強い食品を毎日摂取していると、歯質というのは着色してしまいます。

いわゆる黄ばみや黒ずみといったものです!

実は詰め物や被せ物にもこうした変化が現れます。

特に、レジンとセラミックを比較した場合、レジンの方が着色する傾向が強いです。

また、レジンは使い続けることによって材料自体が劣化し、着色だけでなく変色を起こすこともあります。

一方、セラミックやジルコニアは、こうした着色や変色といった変化が起こりにくいといえます。

★ 虫歯になりにくい

レジンと比べると、セラミックやジルコニアは変化が起こりにくい材料といえます。

これは同時に、虫歯になりにくい材料ということもできます。

詰め物や被せ物の下には、健康な歯質が残っているのですが、詰めている物や被せている物が変化してしまうと、虫歯の再発も起こりやすくなります。

 

保険診療と自費診療の被せ物・詰め物の違いはお分かりいただけましたか?(*^^*)

 

銀歯が嫌で白い被せ物をお考えの方や、相談したいという方、ぜひ当院にいらしてください♪(^^)/